B型肝炎とは?

B型肝炎という言葉をよく耳にしますが、一体B型肝炎がどのようなものか、ご存知でしょうか?B型肝炎とは、B型肝炎ウィルス(HBV)が感染することで引き起こされる病気の名称です。B型肝炎は血液を媒介として感染する病気で、主に性行為や歯ブラシ、カミソリなどの使い回し、注射器の使い回しなどによって引き起こされます

注射最近このB型肝炎の名前をよく聞くようになりましたが、その理由は過去、子供向けの予防接種で注射針の使い回しが行われていた為に、B型肝炎に感染している人達が爆発的に増えた事が解ったからです。この話はさまざまなニュースなどで取り上げられています。この件に関して、国へ訴訟をすると給付金がもらえます。一人で行うのは大変難しいと思いますので、弁護士に依頼することをお勧めします。現在ではもちろん、注射針の使い回しは行われておらず、まれにみられた母子感染の例でも適切に処置が行われるようになったので、B型肝炎にかかる人の数が減ってきているのが現状です。

さて、そのB型肝炎ですが症状は主に自然治癒すると言われています。ですが約10%の人は肝炎を発症してしまいます。このB型肝炎は成年後に感染した場合、大体の場合は自然治癒する事が多いのです。ではなぜここまでB型肝炎という病気が恐れられているのでしょう?それは肝炎が発症した場合、自覚症状があまり見られないため酷く悪化するまで気付けない事が多いからです。肝臓はもともと痛みなどを感じづらい臓器です。知らないうちに、肝炎が悪化して肝硬変や肝癌などへ進展してしまう事が一番怖いとされています。

参考情報>>>アディーレ:B型肝炎訴訟依頼

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket