B型肝炎のワクチン

カレンダーB型肝炎を防ぐために知っておきたいのはやはりB型肝炎ワクチンについてです。B型肝炎ワクチンと呼ばれる予防接種があり、現在は180カ国以上の国で行われています。このワクチンは、4ヶ月から6ヶ月の間に3度にわたり予防接種を行うことで、B型肝炎と将来の肝癌を予防できるとされています。このワクチンの予防接種は、通常の注射と変わらない皮下注射で行われるので、B型肝炎という病名から不安を抱いている人は安心してください。

このB型肝炎のワクチンを幼少期にすでに行っている、という人は少なくないと思います。このB型肝炎ワクチンですが、いつ打つのが適切かと言いますと、乳幼児期に3度の予防接種を行っていた場合はほぼすべての人がB型肝炎に対しての免疫を持ってるとの結果がでています。この免疫は少なくとも15年の間は持続します。ですから、幼少期に予防接種をしていない場合でも、20歳になるまでにB型肝炎の予防接種を行った場合ですととても高い効果が期待できると言えます。ただしB型肝炎のワクチンの効果は年齢とともに低下する結果が出ています。ですから、B型肝炎の予防接種に興味がある場合は自身の年齢、子供の年齢を考慮して予防接種に望む事をおすすめします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket