B型肝炎の症状は?

現在、日本には約3億5千万人も感染者がいると言われているB型肝炎。このB型肝炎は年間10000人以上の新規感染者がいるとされています。では、このB型肝炎の症状とは一体どのようなものなのでしょう?B型肝炎は主にウィルスが体内に直接進入する事によって感染する病気です。このB型肝炎の症状は、大体の場合は自然治癒すると言われていて、5~10%の割合で発症します。

頭抱えるB型肝炎の恐ろしいところは、感染して発症したあと、自覚症状がほぼ現れないところです。肝臓は主に痛みを感じづらい臓器です。ですので、肝炎が発症してもほぼ痛みもなく、発症に気付かないまま悪化させてしまうパターンがとても多いのです。悪化してしまうと、主に肝硬変や肝癌などの恐ろしい病へ進展してしまいます。B型肝炎が発症した際に自覚症状が現れる場合がありますが、その場合は「気だるさ」「吐き気」「食欲が無い」「発熱・微熱」「皮膚や白目部分が黄色く変色する」などの症状です。この自覚症状は他の病気にも見られる場合があるため、すぐにB型肝炎であるとわからず素人目には見分けづらいですが、B型肝炎の発症に気づくためには早めに医師などの診断と判断を仰ぐことが必要になります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket