B型肝炎のワクチン

カレンダーB型肝炎を防ぐために知っておきたいのはやはりB型肝炎ワクチンについてです。B型肝炎ワクチンと呼ばれる予防接種があり、現在は180カ国以上の国で行われています。このワクチンは、4ヶ月から6ヶ月の間に3度にわたり予防接種を行うことで、B型肝炎と将来の肝癌を予防できるとされています。このワクチンの予防接種は、通常の注射と変わらない皮下注射で行われるので、B型肝炎という病名から不安を抱いている人は安心してください。

このB型肝炎のワクチンを幼少期にすでに行っている、という人は少なくないと思います。このB型肝炎ワクチンですが、いつ打つのが適切かと言いますと、乳幼児期に3度の予防接種を行っていた場合はほぼすべての人がB型肝炎に対しての免疫を持ってるとの結果がでています。この免疫は少なくとも15年の間は持続します。ですから、幼少期に予防接種をしていない場合でも、20歳になるまでにB型肝炎の予防接種を行った場合ですととても高い効果が期待できると言えます。ただしB型肝炎のワクチンの効果は年齢とともに低下する結果が出ています。ですから、B型肝炎の予防接種に興味がある場合は自身の年齢、子供の年齢を考慮して予防接種に望む事をおすすめします。

B型肝炎の症状は?

現在、日本には約3億5千万人も感染者がいると言われているB型肝炎。このB型肝炎は年間10000人以上の新規感染者がいるとされています。では、このB型肝炎の症状とは一体どのようなものなのでしょう?B型肝炎は主にウィルスが体内に直接進入する事によって感染する病気です。このB型肝炎の症状は、大体の場合は自然治癒すると言われていて、5~10%の割合で発症します。

頭抱えるB型肝炎の恐ろしいところは、感染して発症したあと、自覚症状がほぼ現れないところです。肝臓は主に痛みを感じづらい臓器です。ですので、肝炎が発症してもほぼ痛みもなく、発症に気付かないまま悪化させてしまうパターンがとても多いのです。悪化してしまうと、主に肝硬変や肝癌などの恐ろしい病へ進展してしまいます。B型肝炎が発症した際に自覚症状が現れる場合がありますが、その場合は「気だるさ」「吐き気」「食欲が無い」「発熱・微熱」「皮膚や白目部分が黄色く変色する」などの症状です。この自覚症状は他の病気にも見られる場合があるため、すぐにB型肝炎であるとわからず素人目には見分けづらいですが、B型肝炎の発症に気づくためには早めに医師などの診断と判断を仰ぐことが必要になります。

B型肝炎とは?

B型肝炎という言葉をよく耳にしますが、一体B型肝炎がどのようなものか、ご存知でしょうか?B型肝炎とは、B型肝炎ウィルス(HBV)が感染することで引き起こされる病気の名称です。B型肝炎は血液を媒介として感染する病気で、主に性行為や歯ブラシ、カミソリなどの使い回し、注射器の使い回しなどによって引き起こされます

注射最近このB型肝炎の名前をよく聞くようになりましたが、その理由は過去、子供向けの予防接種で注射針の使い回しが行われていた為に、B型肝炎に感染している人達が爆発的に増えた事が解ったからです。この話はさまざまなニュースなどで取り上げられています。この件に関して、国へ訴訟をすると給付金がもらえます。一人で行うのは大変難しいと思いますので、弁護士に依頼することをお勧めします。現在ではもちろん、注射針の使い回しは行われておらず、まれにみられた母子感染の例でも適切に処置が行われるようになったので、B型肝炎にかかる人の数が減ってきているのが現状です。

さて、そのB型肝炎ですが症状は主に自然治癒すると言われています。ですが約10%の人は肝炎を発症してしまいます。このB型肝炎は成年後に感染した場合、大体の場合は自然治癒する事が多いのです。ではなぜここまでB型肝炎という病気が恐れられているのでしょう?それは肝炎が発症した場合、自覚症状があまり見られないため酷く悪化するまで気付けない事が多いからです。肝臓はもともと痛みなどを感じづらい臓器です。知らないうちに、肝炎が悪化して肝硬変や肝癌などへ進展してしまう事が一番怖いとされています。

参考情報>>>アディーレ:B型肝炎訴訟依頼